サービス・ライン

会計サービス

  • 財務諸表レビュー

日常の経理業務は滞りなく回っているが、出来上がった財務諸表を見ても“それが正しいのか?”、あるいは、“何か問題があるのかどうなのか?” がよくわからない。これは経営者にとっては重要な懸念事項です。弊社では、貴社の財務諸表が意味していることを、わかり易い言葉に置き換えると共に、内在する問題点をクローズ・アップしてお伝え致します。

  • 英文財務諸表の作成

外国人投資家に対しては、できれば英文での財務諸表を提出したいが、それに費やす労力が不足している。また、潜在的な外国人投資家から英文でのレポートを要求されているが、どうしたらいいのか困っている。貴社のアカウンタビリティーのレベルをよりいっそう高めるため、迅速な対応でこの要求にお答え致します。

  • ASP(クラウド)ツールの導入・推進

会社を立ち上げたばかりでまだ経理スタッフがいない、あるいは、まだ専任の経理スタッフは必要ないと思っている。しかし、請求書や領収書が増える一方なので、これを何とかしたい。 弊社のホームページにアクセスさえできれば、貴社でも弊社でも入力が可能となり、経営データの結果や状況をいつでもどこでも閲覧できます。こうした業務システムの積極活用を推進しています。

財務コンサルティング

  • 事業計画作成のサポート

頭の中ではいろいろなアイディアがあるが、それを書面に落とすのは大変な作業です。そこで、弊社では、事業計画の作成をサポート致します。必要に応じて、特定のプロジェクトのIRR算定や予算の作成など、具体的な部分の作業を直接お手伝い致します。

  • 資金調達のサポート

新株の発行、社債の発行、借入金等、資金調達の方法は様々ですが、助成金や公的資金による調達もその一つです。ただしそれらは、種類が多いのでどれが自社に適用できるのかが分かり難いのが難点です。様々な利用可能なデータベースから適用可能な助成金や公的資金を絞り込み、申請までをサポート致します。

  • キャッシュフロー分析

調達した資金を、如何に早く、そして、如何に多く、調達先に還元できるかが、キャッシュフロー経営(=財務管理)の最大の課題です。資金調達、(設備)投資、資材購入、試験研究、製造、マーケティング、販売、回収といったそれぞれの業務プロセスにおいて、キャッシュの回転を早め、効果的に回収するための方策を一緒に考え、実行に移すためのサポートを致します。

経営管理コンサルティング

  • 月次財務諸表

“月次財務諸表は、今や必須の経営管理ツールである”とは理解している。しかしながら、それを作るには何故か時間がかかってしまい、出来上がる頃にはもう翌月の締めが迫ってきていて、実質的に役に立たない。迅速化するためのヒントを提供し、機能させるためのサポートを致します。

  • 業務プロセスの整備・構築

新規事業、ないし、新規部門を立ち上げた後、真っ先に手をつけなければならないのが、業務プロセスの整備・構築です。販売プロセス、購買プロセス、承認権限基準の整備など、最初からベスト・プラクティスに基づく業務プロセスの導入をサポートし、アカウンタビリティーのある組織作りを応援致します。

  • 業務プロセスの再構築・改善

日常の業務はなんとか回っている。しかし、株式公開に向けて、より効率化を図り、透明性を高められないか。営業実績が出てくると、取引の規模も種類も多様化し、複雑化してくるものです。旧態依然の経営管理体制から脱皮し、もう一歩先の経営管理システムへの移行をサポート致します。

その他のサービス

  • M&Aアドバイザリー

M&Aの前、あるいは、M&A実施後の、財務調査や財務諸表レビューについては、ご相談の上、引受させていただきます。

  • 通訳・翻訳サービス

海外とのコミュニケーションの代理、あるいは、英文でのe-mailやレター等の文書の作成・編集も承ります。

ターゲット・クライアント

私どものサービスは、次のようなお客様に対して、最高のパフォーマンスを発揮できると考えています。

  • 経理・管理業務をまるごとアウトソースしたいお客様

管理業務の人員は極力少なくし、営業に注力したい。ただし、経理業務は不可欠なので、これらを信頼できる会計事務所に依頼したいが、記帳業務だけではなく、社内の内部管理システムの構築も同時に企画・実施してくれる専門家が欲しいと考えている方。(ベンチャー企業や会社設立を予定している方など)

 

  • より高度な経営管理手法を導入・実践したいお客様
    ・月次経営管理レポートの適正化と早期化
    ・内部管理体制の構築・強化
    ・社内ワークフローの効率化、電子化
    ・データベースを使った情報管理の効率化 等々...

やりたいことは山ほどあるけれど、単に理屈だけを聞かされるのではなく、クライアントの立場に立って判断・指導してくれる専門家が欲しい。 日常の経理業務や管理業務について、気軽に相談ができたり、あるいは、重要な意思決定等が必要な時に、それをサポートしてくれる専門家がいないかなと思っている方。(中小企業、あるいは、大企業の部門など)

 

  • セカンド・オピニオンを必要とするお客様

顧問の会計士や税理士は既にいて、変更は考えていないが、そうした顧問からの意見や提案について、会社の立場に立って吟味・検討し、実行をサポートしてくれる専門家が欲しい。 会計監査人から種々の改善依頼が出されているが、それらの対処に協力してくれる専門家が欲しいと考えている方。

ページ上部へ戻る