要求されていない情報の表示 (IFRS-SME 3.25)

12.03

要求されていない情報の表示 (IFRS-SME 3.25) はコメントを受け付けていません。

tests64

本基準で要求されていない情報の表示

3.25 本基準では、中小企業による、セグメント情報、1株当たり利益、中間財務報告の表示は扱っていない。このような開示を行っている企業は、当該情報の作成及び表示の根拠を記述しなければならない。

IFRS-SMEにおいては、セグメント情報、1株当たり利益、中間財務報告の表示は扱っていませんが、開示しても構いません。その場合には、当該情報の開示の事実とその計算方法や開示方法の根拠を記述する必要があります。そして、そうした計算方法や開示方法は、必ずしも、完全版IFRSに準拠している必要はなく、他の基準でも構いません。その内容がきちんと開示されている必要があるという事です。

一株当たり利益を例にした場合の開示の可否例:

  1. 完全版IFRS33号に完全に準拠し、その計算方法や開示方法について、十分に説明している場合 ⇒ OK
  2. 完全版IFRS33号に完全に準拠した基本的一株当たり情報のみを開示し、希薄化後の一株当たり情報は開示していない。ただし、その計算方法や開示方法について、十分に説明している場合 ⇒ OK
  3. 完全版IFRS33号に準拠し計算して開示しているが、その計算方法や開示方法について、説明していない場合 ⇒ NG
  4. 会社独自の概念に基づく一株当たり情報を開示し、その計算方法や開示方法について、十分に説明している場合 ⇒ OK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る