中小企業(SME)の定義 3(USA: FRF-SMEs)

10.24

中小企業(SME)の定義 3(USA: FRF-SMEs) はコメントを受け付けていません。

scorm64

FRF-SMEsは、米国の公認会計士協会(AICPA)のタスクフォースにより開発されたものであるが、かといって、こに基準については、AICPAやFASBによって承認も否認もされていません。US GAAPに準拠する必要がない企業向けに、内部報告目的あるいは、外部報告目的のために、費用対効果がある特別な財務報告の枠組みとして発表されたものです。

 

FRF-SMEにおいては、この適用を想定している中小企業(SME)についての、明確な定義は定めていませんが、以下のような企業を想定して作成されているとのことです(例示列挙)。

  1. US GAAPに準拠した財務諸表の作成が要求されていない会社
  2. 株主や経営者の過半数が、上場を意図していない会社
  3. 営利企業である事
  4. 出資者と経営者がほぼ同じような同族会社
  5. 会社の経営成績、キャッシュフロー、財政状態を評価するにあたり、株主や経営者が、一式の財務諸表に依拠している場合
  6. 金融機関や政府組織などのような高度に特別な会計が必要とされる業界に属していない会社
  7. あまり複雑な取引に関与していない会社
  8. 重要な海外事業がない会社
  9. 会社の財務諸表の主要なユーザーが当該会社の経営にも直接関与しているような会社
  10. 銀行借り入れに当たり、与信チェックが、財務諸表と言うよりも、担保その他、財務諸表とは直接関係のない事項に基づいて行われている様な場合

FRF-SMEは、US GAAPに代替される基準ではありませんが、上記の様に、特別の目的のために活用される指針であり、会計監査人によるレビューも想定されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る